4月のいちご狩りは、イチゴがが少なく厳しいスタートとなりました。

最高気温度17度、最低気温5度日の出5時27分、日の入り18時11分。
 
大変申し訳ありませんが、4月24日までは、ご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。
 この土日は、館長の予測の通りに、紅ほっぺやかなみひめ、あかしゃのみつこなどが少なくなりました。章姫、アスカルビー、あかねっ娘(ももいちご)は、食べれます。
 脱サラからいちご園を始めて、イチゴの栽培の楽しさのほかに、お客様との新たな出会いの楽しさに感動を受けております。
 今日は、少ないお客様でしたが、また新たなお客様との出会いがありました。いちご狩りにご来館されるお客様それぞれは、色々な環境の中からいちご狩りを楽しまれるためにご来館されます。
 一般的には、お誕生祝い、就学祝い、就職祝い、結婚祝いなど楽しいことが多いです。
 中には、失業したり、家族を失った悲しみを取り除くためにご来館されることもあります。
 赤いイチゴは、私達に生きる力を与えてくれ、見るだけでも元気が出てきますね。(最近話題の白いイチゴでは、味も素っ気もありませんね!)
 館長は、いちご狩りを通してお客様にご協力できることはしたいと思っております。
 写真1は、還暦のお祝いにご来館された、我妻様、小林様のグループです。還暦を迎えたお母様を、子供さんやお孫さん達がお祝いを兼ねて励ます会を設けられました。
 本当に、微笑ましいご家族でした。
 写真2は、還暦のお祝いに皆さんが、お母様にプレゼントされたケーキです。館長は、3週間前に下見にいちご狩りに来られた我妻様から趣旨をお聞きしました。小林様からは、サプライズのご提案があり、この写真のようなケーキを手配いたしました。
 当館から、ケーキのスポンジの間にさちのかと言うケーキには最高のイチゴをご提供しました。
 さらに、皆様でトッピングするイチゴには、日本最高の愛ベリーとあかねっ娘(ももいちご)もご提供いたしました。
 おそらく、愛べりーとあかねっ娘(ももいちご)がトッピングされたケーキは世界中に存在しないでしょう。
 16人で40Cm*40Cmは、少し大きすぎましたね。反省しきり・・・。
個人的な話
 巨人ファンの皆さん、昨日、今日と慢心と油断だらけでつまらない試合でしたね。広島カープのひたすらに勝負に取り組む姿には、巨人ファンの館長も感動しております。
 今年の巨人の戦力は、他の5球団からずば抜けてよいようです。優勝は間違いないようです。
 しかし、前半から勝ち続けるとペナンとレースの面白さが激減するので、すこし負けて方がよさそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA