来シーズンのいちご狩りの無農薬栽培がスタート。章姫の親株(ランナー受け)が、到着しました。

最高気温度11度、最低気温5度日の出6時21分、日の入り17時37分。
 3月3日〜6日までの追加ご予約をお受けいたします。
 
大変申し訳ありませんが、3月25日までは、ご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。
3月のご予約に付いて
 3月は、イチゴの成り疲れが予測されますので、ご予約の受付をを通常の約半分ぐらいで止めておきます。成り疲れが少ない時は、土日の5〜6日前に予約の追加受付をいたします。
 章姫の親株(ランナー受け)とかなみひめ(ランナー受け)の親株が到着しました。今年の親株は例年より少し小さめです。
 心配していたように、ダニが葉裏に多数生存していました。ほんとうにがっかりした! 
 早速、粘着くんでダニを駆除する。この時期のダニは、色々な化学農薬を使用されているので、抵抗性が出ていることが多い。粘着くんはダニを窒息死させるので、抵抗性も出ないので有効である。
 来シーズンの無農薬には、親株に病害虫を付けない事が重要です。スタートからダニがいて苦しい。ダニの完全駆除には1〜2ヶ月かかります。
 写真1は、ランナー受け章姫の親株の定植完了。
 写真2は、左が当館が準備した章姫の親株、右が購入した章姫の親株。
大きければよいと言う物では有りませんが・・・・。
 写真3は、葉裏に生存している、ダニを粘着くんで駆除しました。
 写真4は、葉柄にタンソ病らしい茶色い腐食が見られました。タンソ病とは限りませんが、定植せずに別管理で発病するか調査。さらに顕微鏡でタンソ菌の有無を確認します。
 その他、病気らしい苗を5〜6株、定植せずに隔離しました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA