お正月は、いちご狩りに多数ご来館頂きありがとうございました。生物農薬の散布。

最高気温度10度、最低気温マイナス3度日の出6時56分、日の入り16時47分。
 大変申し訳ありませんが、1月6日までご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。
 お正月は、多数のお客様にご来館頂きありがとうございました。聞くところによれば、温泉旅館やホテルは非常に厳しいお正月だったそうです。
 このような厳しい状況の中、当館をお選びいただいたことに深く感謝しております。
 また、多数のリピーターのお客様にもご来館頂き感謝しております。当館も例年に無く、ご予約が少ない状況でした。
 昨日頃から、急にご予約が増えてきて、ホッと胸をなでおろしております。
 生物農薬の散布;ボトピカ(うどんこ病の予防)、タフパール(うどんこ病の駆除)。特定エリアのみペンタキープを散布。
 現状は、病害虫の発生は見られません。過去8年間で一番良い状態です。病害虫の心配がないので、例年に無く安心して仕事に取り組めています。
 オオタバコガの幼虫も見れなくなりました。もしかすると根本でサナギになったのかもしれません。
 写真1は、熊木様のご家族。お兄ちゃんは”こんな大きなイチゴは、見たことが無い”と驚いておられました。皆さんプライベートエリア制でご家族でごゆっくりいちご狩りを楽しまれておられました。
 個人的な話;明日6日は、横浜の母の見舞いに行ってきます。明日のお客様にはお会いできなくて申し訳ありません。館長の代わりに、新人の穴山君が対応いたしますので、ご安心ください。

Follow me!

お正月は、いちご狩りに多数ご来館頂きありがとうございました。生物農薬の散布。” に対して4件のコメントがあります。

  1. まめ より:

     はじめまして。まめと申します。
    イチゴハウスで働いて勉強していて、館長様のブログはとても勉強になるのでよく拝見させていただいております。
     私の働いているイチゴハウスでもダニの天敵を利用しております。
     農薬屋さんに「バイオトラストと違い、タフパールには大豆油が入っている為、気門を塞ぐ可能性があるので、気門が腹にあるといえど天敵にも影響は考えられる」と言われました。
     館長様の見解をもしお時間があればお聞かせ願いたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

  2. 館長 より:

    まめ様
     タフパールのメーカーさんか天敵のメーカーさんかは、分かりませんが、結論から言うとおそらく問題ないと思います。
    (希釈倍率が2000〜3000培と薄い。)
    どちらのメーカーさんの技術者を知っているので、詳細は調査してからご返事いたします。

  3. まめ より:

    ご返答ありがとうございます。
    天敵を使うとおのずと使える農薬が少なくなるので、
    農薬に対する考えも改めさせられます。
    ありがとうございます!

  4. 館長 より:

    まめさんへ
     タフパールのメーカさんは実験されており、問題ないようです。
     アリスタサイエンスさんは、直接お聞きください。
    基本的にダニは湿気や水分に弱いですから、天敵のスパイデックス等も死んでしまう物もいると思います。
     一方、ダニは殺そうとしてもなかなか死なないものです。
    天敵は多めに投入するか、ダニの生存数を減らして投入するかどちらかです。
     中途半端に天敵を使用すると、効果も中途半端になります。
     ご返事が遅くなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA