岩手・宮城内陸地震が、発生。いちご狩りのベットのココ交換。

最高気温30度、最低気温15度
 8時45分頃、岩手・宮城内陸地震が発生しました。最初は情報が集まらないためか、おまり被害が大きく感じられなかった。時間が過ぎるに従って、被害の規模が大きいのが分かってきた。自然の恐ろしさを感じました。
被災された皆様には、心からお見舞い申し上げます。
 館長が今週末に行く秋田県の大野様も震源地から近いところにあります。被害がないか心配しております。少し落ち着いた明日でも電話をしてみるつもりです。
 写真1は、ベットにココを盛り上げて、間が空いているところにココを追加します。
 写真2は、完成したココの上に肥料を送る点滴チューブを張ります。
 写真3は、完成したベットの上にマルチを張ります。3〜4人がかりで、チームワークが必要です。
 写真4は、完成したベット。ココを高く盛り上げることは、イチゴの枝が折れないようにするためです。高く盛り上げても折れることがあるので、ベットの横に枝折れ防止を取り付けます。
 写真5は、苗採り5日目の紅ほっぺ。もう根が出ていると思うが、まだ完全に自立までいかないので、遮光は続ける。梅雨の中休みで、最高気温も30度と高いので要注意。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA