いちご狩りハウスの葉欠きを始める。

最高気温14度、最低気温3度
 大変申し訳ありませんが、3月9日までのいちご狩りのご予約は、定員に達しました。
3月15日(土曜日)と29日(土曜日)もいちご狩りのご予約の定員に達しましたので、ご予約をお受けできません。
 今日は最高気温14度と3月中旬並です。12月から頑張ってくれたイチゴの株の葉欠きを始めました。
 古い葉を取ると、若干甘さが減ったり、樹勢が衰えたりするので、この時期の葉欠きは、慎重にしなければなりません。また逆に古い葉を残しすぎると、新葉の生育を阻害します。
 新葉の勢いが良くなった事と日照が長くなり気温も高くなったので葉欠きの時期と判断しました。
 葉欠きをすることにより、生物農薬の粘着くんなどが葉裏に付着しやすくなります。
 葉欠きのタイミングは、イチゴの株の生育状況や天候により時期が異なりますので、農家の皆様ご注意ください。
 写真1は、福岡県からいちご狩りにご来館された”いちごりあん”さん。”いちごりあん”さんは、館長が知る限りイチゴマニア中のマニアです。新品種については、館長より詳しく勉強されておられます。”いちごりあん”さんとは、数年前からメールや通販でお付き合いさせていただいております。
 8種類のイチゴを食べ比べしていただきました。ご満足いただけるか心配しておりましたが、ご満足いただけたようでホッとしました。
 福岡県からご来館、お疲れ様でした!
”いちごりあん”さんのホームページ 
 ”いちごりあん”さんのブログ。
 写真2は、優美さま。お友達は恥ずかしいとのことで、写真には出ていただけませんでした。館長のイチゴに対するウンチクを聞いていだだいてありがとうございました。
 写真3は、葉欠き前の章姫。
 写真4は、葉欠き後の章姫。
 今日は、脳梗塞でお体がご不自由になられたおじい様を子供さんご家族がいちご狩りに連れてこられました。一時間半ぐらい皆さんでいちご狩りを楽しまれておられました。素晴らしいご家族でした。
 当館の近くにペインクリニックと言う病院があります。そこの病院からお医者様と看護婦さん同伴で、車椅子のお客様がいちご狩りに来られました。
 余命残り少ないことはご本人ご存知ですが、館長と一緒にいちご狩りをしながらの会話も明るく、館長の冗談にも笑ってくれました。長生きしてくださいと心からお祈りしてお別れいたしました。
 今日は、私達家族全員が健康であることの幸せを実感しました。

Follow me!

いちご狩りハウスの葉欠きを始める。” に対して2件のコメントがあります。

  1. 桃李 より:

    こんばんは。
    お伺いしたらここに載せられる〜!と覚悟はしておりましたが…やはり写真って恥ずかしいですね(笑)
    色々とお勉強もさせていただき、館長さんの苺への取り組みや愛情がしっかりと伝わる苺たちを堪能させていただきました。
    毎年は無理でも、またお伺いさせていただこうと思っています。
    美味しい苺をありがとうございました。
    これからも宜しくお願い致します。
    ※福岡への帰宅が来週に延期になりましたので、帰り次第、HPとブログを更新させていただこうと思います。
    今日は本当にありがとうございました。

  2. 館長 より:

    今日は、ご来館ありがとうございました。
    本当に福岡県から、ご来館いただけるか心配しておりました。イチゴの新品種のお話や色々なお話ありがとうございました。イチゴのお話をしていると、アット言う間に時間が過ぎてしまいますね!もっと沢山イチゴを召し上がればよかったかな。(少しご遠慮されたみたいです。次回はもっと食べてください)。
    館長ももっと勉強して皆様に最高品質のイチゴを召し上がっていただけるよう頑張ります。福岡に戻ってからのブログを楽しみにしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA