車椅子やベビーカーご利用のいちご狩りのご調査が増えてきました!

最高気温4度、最低気温マイナス1度
 今度の3連休の土曜日も雪の予報が出ております。前日や当日の雪や道路情報をこまめにご提供いたします。安全第一ですので、館長の情報をご参考ください。
 雪によりご来館できなくなったときは、キャンセル料金は不要ですので、ご遠慮なくキャンセルください。(通常のキャンセルも、キャンセル料金は不要です。)
大変申し訳ありませんが、2月29日までのいちご狩りのご予約は、定員に達しました。
 通常ですと2月16〜17日は、まだ定員に約100人ぐらいの余裕があります。今年は、少し天候の異常を感じますので、お客様にご迷惑をお掛けしないように早めにご予約を締め切りました。収穫状況がよくなれば一週間前に再度ご予約をお受けいたします。
 3連休のいちごの状況(エリアにより異なります)
 1.順路1の章姫は、全体的に小粒です。
 2.順路2のあかしゃのみつこ、紅ほっぺ、かなみひめ、アスカルビー    は、全体的に大粒です。
 甘さについては、1月14日からの種種の対策により、ようやく回復してきております。水曜日から土曜日まで曇りの天気が心配です。
 そろそろ暖かくなり、車椅子ご利用のお客様やベビーカーご利用のお子様の団体がいちご狩りに来られます。どちらの団体の役員様は、当館の事前調査にご来館されます。
 基本的には、当館のバリアフリー対応や駐車場の状況をご調査されます。その次に車椅子やベビーカーでのいちご狩りや6種類のイチゴの食べ比べのご調査。
 さらに、いちご狩りの後のイチゴのスイーツ(愛べりーのジェラートやチョコレートフォンデュ)の試食やお土産のご購入などです。時としては、ご予算のご相談もあります。
 ほとんど内容が、当館のホームページやブログでご存知です。役員皆さんは、現場を見てご確認したり、実際にいちご狩りを体験されて安心してお帰りになります。
 写真1は、生協の子育てサークルの内藤様。ベビーカーやハサミの使用などの安全を入念にご確認されておられました。お子様が多いと館長もなかなかシャッタータイミングがつかめません。今回もあまり良い写真が撮れませんでした(申し訳ありません)。勿論チョコレートフォンデュや愛ベリーのジェラートもお召し上がりになりました。
 写真2は、岡部様のグループ。6種類のイチゴの違いに驚かれておられました。あかねっ娘(ももいちご)とあかしゃのみつこがお気に入りでした。
 写真3は、小野洋ランの小野様。小野様のお父様は”やまなし自然熟”の会長を勤められて、地球や人に優しい農業の草分け的存在です。館長が無農薬栽培に挑戦するきっかけになった方です。
 写真の小野様は、お父様の考え方を引き継ぎ、お父様よりグローバルに活躍されておられます。お話しすると物静かな方で、けっしてご自分の考え方を他人に押し付けるような方ではありません。
 一度皆さんも、小野洋ランに行かれてさくらんぼう、もも、ぶどうを召し上がると美味しさにビックリされると思います。
 小野様は、桃の花びらが入ったジャムや当館のイチゴを使ったイチゴジャムを手がけておられます。そのうち、皆さんに小野様が作られたイチゴジャムをご紹介します。
 無農薬情報;生物農薬のボトピカ、タフパール、粘着くんを散布しました。
 母の状況:
昨日、母を訪問いたしました。元気でしたが、左足の魚の目が大きくなり歩くのも大変そうでした。手術して魚の目を取り除く必要がありそうです。
 母の大好きな、新鮮なお刺身を食べてきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA