山梨の雑誌社の”ちびっこ ぷれす”様がいちご狩りの取材に来られました。生物農薬の散布。

最高気温15度、最低気温4度
大変申し訳ありませんが、1月14日まで、いちご狩りのご予約は、定員に達しました。
 山梨県の子育て応援誌の”ちびっこ ぷれす”様がいちご狩りの取材に来られました。残留農薬ゼロのイチゴをご提供していて、食の安全安心に拘っている当館のいちご狩りにご興味をもたれました。
 写真1は、いちご狩りに来られた、逢坂様のご家族。突然の取材のモデルさんの依頼にも、快く承諾していただきました。館長からもお礼申し上げます。チョコレートフォンデュも召し上がりました。
 写真2は、忍野村で懐石理店・八州を営業されている天野様のご家族。一昨年当館全員でお食事に伺いました。本当に美味しい料理でした。
今日、色々お話を伺うと、富士山の7合目で山小屋・鳥居壮も経営されておられるそうです。皆さんも一度行かれると良いと思います。
 生物農薬の散布;ボトピカ(うどんこ病の防除)、タフパール(うどんこ病の防除)、粘着くん(害虫の防除)。
 年末から、害虫の増殖を防止する目的で、粘着くんを散布するようにしました。昨年末から、部分的に害虫が出てきたので粘着くんの発生箇所に手散布をしております。拡大を防止するために、いちご狩り園全体に粘着くんを動噴で散布することにした。

Follow me!

山梨の雑誌社の”ちびっこ ぷれす”様がいちご狩りの取材に来られました。生物農薬の散布。” に対して2件のコメントがあります。

  1. ryuji_s1 より:

    イチゴ狩り楽しいですね

  2. 館長 より:

    コメントありがとうございます。
    たかがいちご狩り、されどいちご狩りという所でしょうか。
    生産者としては、楽しんでいただき、喜んでおります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA