第2回目のイチゴの苗採りが終了しました。

山梨の天気。最高気温34度。
今日も暑い日でしたと言うより、蒸し暑かったです。7月23日から開始したイチゴの苗採りもようやく今日で終了しました。
今年の親株の出来栄えが良かったので約9万株の苗が採れました。7年間で過去最高です。あまりにも苗が多くもう挿し木する場所が無くなり、苗が余ってしまいました。もったいないことです!そこで今年から残った苗1万株をポット受けすることにしました。暑い中これから、例年以上に働かねばなりません。”貧乏暇なし”とは、よく言ったものです。育苗ハウスのビニールの張替え修理が2百万円かかりましたが、これで少し取り戻せそうです。
これからは、挿し木した苗が根ずき、新芽が出てくると葉欠きと病害虫の防除に追われます。従業員の皆さん、暑いけど宵苗を作るのに頑張りましょう!
写真1は、B棟南のハウスです。今週挿し木したイチゴの苗が約2万本あります。今シーズンの挿し木の集大成で、活着率100パーセント目標です。
写真2は、苗採りを頑張ってくれた当館の従業員6人と農業大学校の研修生3人の皆さんです。皆さん、にこやかに笑ってくれました。皆さん苦しい苗採りが終わって、さぞかしホットしたことでしょう。
写真3、苗採り期間中のみ当館より昼食を準備いたします。今日は最終日と言うことで、館長も昼食代を少し奮発しました。
出光興産の営業の方が、ツインガードの売り込みに来られました。
ツインガードとは、根圏微生物と共生菌の2つの働きで根の健全な育成を助けるそうです。1株に3g(3円)を定植時、根の下に入れるそうです。
効果が明確であれば、3円など安いものですが、効果が不明のため購入は断念しました。お聞きしたりテストの写真を見ると、効果がありそうですが・・・・。
アサヒビールさんのように、試作用のサンプルを無償でご提供いただければ、テストするのですが・・・・・。
農薬や葉面散布剤や共生菌など多数売込みがありますが、全て購入していたら切がありません。メーカさんのテスト結果を鵜呑みにすることは出来ません。私も、サラリーマン時代、研究所のデータを信じて何度も痛い目にあいました(笑い)。
出光興産さん、もし、効果に自信があるのならサンプルを無償でご提供ください。当館で評価試験をしましょう!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA