15日のブログ;静岡県の小澤先生のところに勉強に行きました

山梨の天気。最高気温22度。。館長は、るるぶ.com様の依頼で館長のスペシャルブログを書いております。そちらには、品種説明など一般的ないちご狩りについて書いております。皆さん、館長のスペシャルブログも見てね!
静岡の小澤先生のところに、親株の定植と苗の採りかたの勉強に研修生を連れて行きました。当館の苗の採り方は、最新鋭のナイヤガラ方式の挿し木方式です。挿し木方式は、苗をとるのに難しい方式です。このため、易しいポット受けが主流です。それぞれの方式は、長所短所があります。
そこで、館長もポット受けの小澤先生の方式を勉強することにしました。
この方式を、台湾のイチゴ栽培の皆さんに教えてあげるつもりです。勿論、館長の得意な挿し木方式も教えてあげます。
写真1は、小澤先生の親株の定植状況。場所は、静岡県の裾野市です。サファリーパークの近くで、標高900Mです。雨よけのハウスはありません。
写真2は、親株とポット受けのトレイを乗せるパイプの棚。
夜から、母のところに出かける。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA