レッドパールの初なり。生物農薬の散布。

山梨県の天気。最低気温4度。遅まきながら、9種類の最後としてレッドパールが赤くなってきた(写真1)。レッドパール独特のどんぐりのような形状は、いつ見ても美しい。いちご狩りで食べれるのは、23日以降となりそうです。昨日に引き続き、生物農薬の散布。粘着くんを散布するときは、約12時間かかるので、昨日と今日の2回に分けて生物農薬を散布。スパイデックスのサンプルが来ました。今年から、スパイデックスの容器が、500ccから100ccに変更されました(写真2)。スパイデックスの散布方法や2000頭の数の確認です。今回の容器は、真ん中に穴か明いていて、味の素のように葉の上にスパイデックスを振り掛けます。一振りで、写真3の量が出てきます。極少量です。早速一振り毎のスパイデックスの数量を数えました。一振りで約8〜10頭前後です。振り方によりますが、約140〜150回出てきます。最後の数回は、3〜6頭しかいません。新しい100ccの容器は、作業性が従来の10倍ぐらい早い。2000頭の数量もほぼ入っていた。12月19日には、6本;12000棟を当館のいちご狩り園に放出する予定。前回のスパイカルと比べて数量が入っているので期待できるかも?

Follow me!

レッドパールの初なり。生物農薬の散布。” に対して1件のコメントがあります。

  1. 取寄せグルメ大好き♪

    こんにちは。TBにて失礼致します。
    取寄せグルメの体験記を紹介するサイトを立ち上げました。
    今までであった美味しいグルメを紹介していきますので宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA