当館は、台風19号の被害はありませんでした。沢山のメールやお電話ありがとうございました!

 季節外れで、強烈な台風19号が、関東や甲信越を襲いました。
災害を受けた皆様には、心からお見舞い申し上げます。
昨年の台風でイチゴ狩りハウス10棟が台風の暴風でビニールがはがされる被害を受けました。
さほど大きな被害でなかったのですが、それでも心が折れるような気持でした。
それだけに、今回の大災害を被災された皆さま心中をお察し申し上げます。
当館は、何も被害がありませんでした。
私の知人のイチゴ園も被害はなかったようです。
ただ、茨木の知人は風邪で1棟がビニールを飛ばされたようです。幸い川の氾濫が治まり浸水は
無かったようです。本当に良かった。
また、当館も沢山の皆様から「被災していないか?」とメールやお電話を頂き、心からお礼申し上げます。
当館の付近は、12日の19時から13日の4時頃まで、風速12〜19M/S;最大瞬間風速は30M/sでした。
台風の風は、平均的に吹くのでなく、部分的に強く吹くようです。
その極端な例が「突風」、さらに強くなると竜巻になるのでしょう。
下の写真3のように、昨年も今年も、当館の周りはほとんど稲が倒れていませんでした。
しかし、昨年は写真4のように、当館の周りだけ南から北に向けて強い風は吹き、稲が倒れていました。
    (当館の近くの幅50M長さ1000Mぐらいだけが、倒木するほどの強風でした)
    今年は、写真5のように当館の周りだけ北北西の強い風で、稲が西から東に倒れていました。
どうやら、当館の周りは、風の通り道になっているようです。
今後も、台風の被害が心配です。
写真1.昨年の10月にビニールを張り変えたばかりのイチゴ狩りハウスの天井ビニールがはがされました。
ハウスの中の定植したばかりの苗は、枝が折れて来舞いました。
写真2.昨年の南風で傾いた育苗ハウス。
現在は、太いロープで別のハウスから引っ張って傾きを修正しています。
今年の北風邪で、少しハウスの傾きが戻ったみたいです。
ハウスのドアが、開きにくくなりました。
また、傾きに合わせてドアの角度を調整しなければなりません。
写真3.昨年も今年も、当館の周りだけ除けば、何事もなかったように稲が倒れていません。
写真4.昨年の台風で南から北に倒れた稲。育苗ハウスの東側。
写真5.今年の台風で西から東に倒れた稲。育苗ハウスの南側。
台風の対策の効果があったか、風が弱かったかは不明!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA