いちご狩りの苗の定植が完了しました!今年の出来栄えは、良さそうです。

 今年も最高のイチゴとオリジナルシステムをご用意してお待ちしております。
1.安全な無農薬イチゴ(残留農薬ゼロ)。
2.練乳不要な甘いイチゴ。
3.エリアナイは、時間制限のないプライベートエリア制。
4.4品種がお客様ごとのエリアに全て割り当てられている。
 今週の天気予報ほど外れたのは珍しいです。
と、言っても雨や曇りが全て晴れに変わったので、館長的には大満足!
最低夜温は、順調に秋に向かって進んでいます。
ただ、昼間の暑さはまだ、30度近い高温です。
この高温で害虫が元気で、害虫の駆除に困っているという声を、あちこちのイチゴ園で聞きます。
短日夜冷処理のイチゴは、花芽分化を迎えた順番に9月17日から定植を順次開始。
計画通りに進めば、12月上旬から収穫開始。
半短日夜冷処理のイチゴは、9月30日から定植を開始しました。
12月中旬からの収穫開始予定です。
短日夜冷処理の苗は、少しずつ出蕾を開始してきました。
来週から、品種ごとの出蕾状況を調査します。
今年の苗は、7月の涼しさや8月の暑さの関係で、ほとんど花も咲かず芯止まりの苗が、ほとんど出ませんでした。
定植後、芯止まりが多発しないか心配しています。
写真1.順路1の章姫。17日に定植した苗は、大きくなり始めています。
    30日に定植した苗は、まだまだです。
写真2.順路2のかおり野・紅ほっぺ・ホワイトベリー。
写真3.順路2のかおり野。9月10日頃に定植したので大きな苗になっています。
    昨年は、10月15日〜22日に出蕾しました。
写真4.高級品種のアイベリー。右が短日夜冷処理のアイベリー。左が半短日夜冷処理のアイベリー。
写真5.あかねっ娘(ももいちご)。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA