36.4度の猛暑日でも、「霧の池内」のミストが有れば、ハウスの中でも涼しくココ盛作業が出来ました!

 気象庁の今年の夏の予測は、「冷夏」でした。
しかし山梨は、梅雨が明け1週間前から異常な暑さが続いています。
館長の過去の経験から、この猛暑は年々厳しくなっていくでしょう。
農家もそれなりの対策をしないと、後継者が育たないでしょう。
今日の最高気温は、36.4度です。
昨年までは、外気温が35度を超すとハウスの温度は40度を超すので、ハウスの中に入っていらません。
仕事をしたくても、仕事が遅れていても、午後はお休みせざるを得ませんでした。
館長が導入した「霧の池内」様のミストが、いよいよ効果を発揮してきました。
2分の内50秒間ミストを出しています。
エアービームでミストを流した方が良いようです。
36.4度の猛暑でも、ハウスの中でも涼しく仕事が出来るようになりました。
写真1.出てきたミストをエアービームで流すとより涼しく感じました。
写真2.ミストの中で涼しく、重労働のベットへのココ盛作業をしています。
ミストで、遠くが見えにくくなっています。それだけ、沢山のミストが出ているのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA