紅ほっぺの短日夜冷処理の苗を定植しました(定植開始から2日目)。

 今朝も4時半頃にハウスに来ましたが、長そでシャツでも寒く感じました。
寒いわけです、今朝の山梨の最低気温は15.0度と10月上旬の気温でした。
この気温が続くなら夜冷処理を止めてすぐに定植して肥料を与えて株を大きくしながら出蕾を
待てばよいのですが、明日からもこの気温が続くとは限らないので、焦らずに花芽分化を待ち
定植を行います。自然を甘く見て自分の願望で判断して、何時も館長は失敗しています。
 昨日定植した短日夜冷処理の苗の章姫は、今日の暑い日差しにも負けず、思う存分太陽のエネルギーを
吸収していました。その証拠に葉の艶が良く「ピカピカ」輝いていました。
 今日定植した紅ほっぺも、過去最高の出来栄えです。クラウンや茎も太く、根も十分に出ていました。
 お客様からご注文いただいた苗も6割がた出荷が終わりました。明日からは、水やりが半分になり1時間〜1時間半で
終わりそうで嬉しい。
写真1.キラキラ輝いている章姫の葉。定植直後からこんなに輝いている葉は、初めて見ました。
写真2.今日は館長を入れて6人で短日夜冷処理の苗の紅ほっぺを定植しました。
写真3.短日夜冷処理の苗の紅ほっぺ。クラウンや茎が太く根もよく出ています。
直根は、見えませんが根鉢の中心にあります。
霜降りのような細根が美しく感じられます。
写真4.今年の順路2は、昨年同様紅ほっぺ・アスカルビー・かおり野・ホワイトレディー1です。
今年は、お客様のご要望で紅ほっぺを減らしかおり野を増やしました。数量的には完全に昨年と逆転しました。
アスカルビーも昨年より2割増やしましたので、お客様が食べられるアスカルビーの量も増えるでしょう。
お客様には全ての品種が個々に分かるように全ての株元に品種シールを貼ってあります。
同じベットに紅ほっぺ・アスカルビー・ホワイトレディー1が植えてあります。各品種は、短日夜冷処理と半短日夜冷処理を
施しているので、同じベットに6種類のイチゴが植えてあるのと同じです。
シールを張ったり、定植をするのに間違わないようにするのが大変です。
写真5.お土産用の紅ほっぺ。12月末のケーキ用に活用します。
この暑さにも負けず、元気に茎が立っています。
写真6.無処理の出荷用苗置き場のS棟も4割ぐらいに減りました。
写真7.半夜冷処理の苗置き場から、章姫がお嫁に行きました。
写真8.短日夜冷処理の苗の章姫と紅ほっぺを定植したので、残りの苗が少なくなりました。
写真9.半短日夜冷処理の苗は、まだ定植しないので全て残っています。
来週から週間予報で最低気温を見ながら定植開始です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA