八王子の美山学園の皆さんがいちご狩りに来られました。悲しいスタッフとの別れと新しいスタッフのご紹介。

大変申し訳ありませんが4月16日までと5月4日は、ご予約の定員に達しておりますので、ご予約をお受けできません。
毎週月曜日に、その週の日曜日までの追加ご予約をお受けいたします。
宜しければメールで再申し込みください。
追加ご予約をお受けできないこともありますので、ご了承ください。
3月13日から3月20日までの追加ご予約の受付は終了しました。
3月のいちご狩りは12月からの予想以上の収穫量によりイチゴが「なり疲れ気味」で、
全品種小粒になりそうです。
しかしながら、少しづつ大粒のイチゴも出てきました。
 今週も無事イチゴの量が確保出来たので、館長も心穏やかに3連休のお客様を
お迎えできます。予約制のいちご園の難しさを感じる今年です。
今年も八王子の美山学園の皆さんがいちご狩りに来られました。
イチゴが甘くて美味しいと喜んでくれました。
1年半勤めてくれたMさんが,このたびご主人の転勤に伴い山梨県から東京に
引っ越しされるので、当館を退職されます。
Mさんは、タイで日本人の素敵なご主人と巡り合い、ご結婚して日本に来られました。
タイの方特有の明るさと人なっこさで皆の人気者でした。
特にタイから来られたお客様や英語を話される外国人のお客様からも愛されていました。
館長も海外から来られるお客様のメールを解読してもらったり、ご来館されたお客様の通訳を
していただきました。短期間で沢山の思い出を作ってくれました。
説明看板も日本語から英語に訳してもらいました。
来シーズンは、日本語と英語の説明看板が出来るでしょう。
出会いは1年半前ですが、可愛くて英語が出来仕事も早いので、当館にはもったいない方と思っていました。
そして、このような優秀な方は何時かは当館を出て行かれると覚悟して採用しました。
しかし、こんなに早くお別れが来るとは思っていませんでした。
館長はサラリーマン時代、常に職場では「会うが別れの始めなり!」と言う思いをしてきました。
Mさん東京でも皆に親しまれ愛され、元気に活躍することを常行院一同祈っています。
今日は朝から暖かいので、いちご狩りハウスの天井の大窓に加えて小窓も明けたり、
ハウスの妻面の窓も開けていちご狩りハウスの中の温度を下げて、イチゴの美味しさを確保しました。
これからのイチゴは、如何にハウスの温度を下げられるかで、イチゴの美味しさが保たれます。
新しい当館の体制は、新しく入った2人を含めて8人になります。
他のいちご園に比べて、2〜3倍のスタッフです。
残留農薬ゼロ(無農薬)を維持したり完璧なものにしたり、異常気象に耐えるイチゴ栽培やお客様がご満足いただける
美味しいイチゴ作りには、これだけのスタッフが必要です。
ようやく、2014年の雪害から立ち直り、館長が求める究極の夢のいちご園に向けてスタートします。
写真1.時間無制限で、のんびりいちご狩りを楽しまれる美山学園の皆さん。
写真2.沢山なっている順路1の章姫。従来通りの人数が入れます。
写真3.少し少なめの順路1の章姫。このエリヤは、お客様の人数を減らします。
写真4.平均的に沢山なっている順路2の紅ほっぺ・かおり野・アスカルビー・ホワイトレディー。
写真5.今年初めていちご狩りハウスの妻面の窓を全開にして温度を下げました。
写真6.退職されるMさんと新しいスタッフです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA