皆さん、いちご園の不作をご理解ください!

大変申し訳ありませんが4月16日まで、ご予約の定員に達しておりますので、ご予約をお受けできません。
毎週月曜日に、その週の日曜日までの追加ご予約をお受けいたします。
宜しければメールで再申し込みください。
追加ご予約をお受けできないこともありますので、ご了承ください。
3月6日から3月12日までの追加ご予約の受付は終了しました。
3月のいちご狩りは12月からの予想以上の収穫量によりイチゴが「なり疲れ気味」で、
全品種小粒になりそうです。
しかしながら、少しづつ大粒のイチゴも出てきました。
8日から急激に寒さが戻りました。
この2~3日は、最低気温がマイナス3度前後です。
イチゴを甘くするために最低夜温を引く記したので、イチゴさん達もビックリしているでしょう。
また、親株も暖房設備の有るいちご狩りハウスから暖房のない親株ハウスに定植されたので、
寒さに驚いていることでしょう。
しかし、毎朝定植した親株は、葉露を出し元気に活着しています。
いちご狩りのご予約が相変わらず殺到しています。
理由は、昨日書きましたように昨年の9月の日照不足です。
当館を含め2〜3軒を除き、他のいちご園はイチゴがなく悲惨な状況です。
お客様におかれましても、今年のいちごの不作をご理解頂きたくお願い申し上げます。
毎日、お客様からは、いちご狩りのご予約が取れない絶望感と悲鳴の声が聞こえてきます。
お客様の中には、ご予約が取れないためにいら立っておられる方もおられます。
私たちいちご園も出来るだけ沢山のお客様をお迎えすべく頑張っております。
しかしながら、イチゴは自然のもので私たち農家がいくら頑張ってもすぐに回復するものでは、ありません。
当館も出来るだけ沢山のお客様を受け入ておりますが、焼け石に水のようです。
写真1.順路1の章姫。今年の不作に負けず今週も沢山のイチゴがなっています。安堵し胸をなでおろしています。
しかし、南側のイチゴの粒が少なくなり始めました。来週から部分的に収穫量が減るかもしれません。
ご予約を少なめにしているので、ご予約されたお客様にはご迷惑をお掛けしなくて済みそうです。
写真2.順路2の紅ほっぺ・かおり野・アスカルビー・ホワイトレディー。
こちらは、小粒ながら頑張っています。少しずつ大粒に切り替わりつつあります。
しかし、全ての株が大粒になるとは限りませんので、心配です。
写真3.定植した親株は寒さに負けず元気に葉露を出しています。
この調子でいくと、来シーズンは良い苗が採れそうです。
写真4、県内誌に掲載されました。また客さんからお問い合わせが増えそうです・・・。
写真5.県内の学生さんが取材に来られました。
その内容が書かれています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA