章姫の継続調査。

山梨県の天気。最低気温12度。写真1は、3株の写真。一番右の株(写真2)は、10月16日に花芽が見えて23日に一番目の花が咲き五番目まで花が咲いています。真ん中と左側の株(写真3と4)は、10月23日に花芽が見えて30日に一番目の花が咲き3番目までの花が咲いています。これから実が大きくなり、まず実の全体が白くなり、次に段々赤くなります。これからが楽しみです。人間の記憶は曖昧で、館長も花芽が見えて何日で花が咲き、何日で実が白くなり、何日で赤くなるか正確な日数が把握できていません。さらに、二番目の蕾が何日頃に出るかも正確に把握していません。
あかねっ娘(ももいちご)の花にピンクの花びらが見つかりました(写真5)。これはうどんこ病の前兆ですので、手で取りハウスの外に捨てます。さちのかも例年ピンクの花びらが出やすい品種です。無農薬には、手間だかかりますがこのように病気や害虫の前兆を見落とさないのが重要です。写真6は、花盛りの愛ベリー(右)とあかねっ娘(ももいちご)です。写真7は、9月9日に定植。10月11日に花芽が見えた章姫の実です。もう薄くピンク色になってきました。しかし定植から蕾が見えるまでの期間が短かったため大きな実にはなりません。
山梨市のいちごランドの中島様ご夫妻が来られました。3年前にいちごの栽培を始められました。とても熱心にいちごの勉強をされております。ぶどうや、ももなどがメインでとても美味しいですよ!今日は、苗のお返しにキューイフルーツやワインを頂き恐縮しております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA