章姫の挿し木の苗取りを開始。かおり野とあかねっ娘(ももいちご)のポット受け苗の切り離し完了。

 7月8日にかおり野とあかねっ娘(ももいちご)のポット受けを切り離ししました。
章姫と異なり、葉や茎が大きいので日が当たらずに灰かび病が出ています。
おおむね良好な苗が採れました。かおり野など、昨年と比べると格段に大きいです。
 7月12日から一番難しい挿し木の苗取りを始めました。
正確には、今シーズンから正式に新しい苗取りハウスを使いました。
天気は最高気温34度とまづまづの、低い温度でした。
明日からは、2〜3日30度に下がります。
ピュアキレイザーの酸素(オゾン?)の効果を期待しています。
調子に乗って、天井黒の遮光カーテンを半分開いたら、苗をしおらせてしまいました。
何とか、遮光カーテンの黒を閉めて助かりそうです。
結果は、明日の朝に分かります。
写真1.ポット受けのかおり野とあかねっ娘(ももいちご)を切り離ししました。
切り離してみると、思った以上に大きい苗でした。
写真2.即座に葉欠きしたかおり野とあかねっ娘(ももいちご)。
写真3.切り離し後1週間で、少し苗らしくなってきました。
写真4.今日の章姫の挿し木の苗取りがほぼ終わりころの写真。
写真5.気を緩めて遮光カーテンを開けてしまい、萎れた大苗。
写真6.萎れた小苗。ピュアキレイザーを過信してしまいました。
写真7.黒遮光カーテンを閉めて、ピュアキレイザーの酸素入りの水で夕方に少し復活。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA