ポット受けの章姫の良い苗の葉欠きをしました。

 今日は、2日前の38.2度の猛暑日に比較して10度近く温度が下がり
涼しい1日でした。
 今週切り離ししたポット受けの章姫の葉欠きをしました。
南側の日当たりの良い親株からポット受けした章姫の苗は、大きく良い苗が取れました。
切り離し後は、早く葉欠きをして切り離ししたポット受け苗の状態を把握します。
今年は、病気もなく大きな良い苗が採れました。
 病気らしい苗を2本見つけましたが、ポット受け中にクラウン近くが傷つき
バイキンが入り、腐食したようで病気ではなさそうです。
昨年は、ポット受けにもかかわらず、切り離ししたポット受けのランナーから
腐食して枯れる苗がありました。
昨年は、明らかに病気でした。
写真1.葉欠き前のポット受けの良い苗。古い葉を除去して新葉に光が当たるようにします。
写真2.葉欠きして新葉に日がよく当たるようになりました。
写真3.横から見ると苗も十分大きく、新芽も元気です。
写真4.枯れたポット受けの章姫の苗。クラン部が黒く不足して枯れました。
おそらく、傷がつき枯れた苗。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA