章姫のポット受け苗の切り離しが、明日で完了。光平が、0.5歳の誕生日!

 今日も午後から暑い日差しでした。
章姫のポット受けは、全体的には良好です。
親株の北側からポット受けした章締めは、日照不足で苗の出来栄えは、あまりよくありません。
あまりよくない苗は、全体の1割ぐらいでしす。
ポット受けで活着していない苗は、1パーセントぐらい。
病気らしき減少は見られませんが、まだ安心できません。
 いちご狩りハウスのベットに入っている培地(ヤシ殻)の熱湯消毒は完了しました。
今日からは、再度ココ(ヤシ殻)を乾燥させて害虫の卵を殺したり、熱湯で生き残った菌を殺します。
イチゴの株の根も腐食させ、7月末には除去します。
 孫の光平が生まれて、6が月になりました。
 病院で前立腺のMRIを撮影してきました。
最近の医学設備の進化には、驚かされます。
閉所恐怖症の館長は、MRIなどの検査設備の筒の中に入るのが、大嫌いです。
別に痛くもかゆくもないのですが、圧迫感に負けてしまいます。
従って、検査中は、ずうっと目を閉じて耐えています。
写真1.切り離しした章姫のポット受け苗。親株が北側で日当たりが悪く成長が約1割ぐらい
良くありません。切り離ししたばかりなので、少し萎れ気味です。
ポット受け日数が少ないと、もっと萎れます。
写真2.3時間後には少し萎れがなくなりました。
写真3.今朝葉欠きをしました。苗の状態を確認するのには、全ての苗の葉欠きをして
根の張り具合や病気の有無などを調べます。
写真4.章姫の出来栄えの良い苗。徒長しているのは仕方がありません。
写真5.出来栄えの良くない章姫の苗。根が活着していて、病気がなければすぐに良い苗になります。
写真6.小学年生になった光咲と生まれて半年の光平。
光平も男の子らしくなり、ハイハイしたり、おかゆを食べ始めました。
館長にも少しなれてきました。まだまだ、お母さんが良いようです・・・・。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA