ポット受けの苗も順調に生育しています。

 今日も暑い一日です。
明日の甲府は、36度と猛暑日の予報。
例年より、猛暑日が早く来るような気がします。
これからの苗取りが終わる7月と8月は、親株と苗の両方を
猛暑から守らなければなりません。
失敗すれば、炭疽病や疫病が多発するでしょう。
章姫は、特に疫病に注意が必要です。
写真1.左側が紅ほっぺ。右側が章姫。
章姫は、7日に親株から切り離しをします。
一番下のポット受けの苗と中間にぶら下がっている挿し木用の苗は、
今月末まで、水不足などの注意が必要です。
この暑さは、病原菌や害虫が大喜する温度です。
写真2.右側がかおり野。左側があかねっ娘(ももいちご)。
20日頃の切り離しです。
写真3.アスカルビー。今年もアスカルビーは、苗の本数が少ないです。
写真4.アイベリー。親株の本数が多いので苗は十分足ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA