イチゴの苗のポット受けがほぼ終わりました。

 今朝も早くから雨がやみ、現在は真夏のような日差しがいちごの親株ハウスと
育苗ハウスに照りつけています。
 今年は例年より雨の日数は多いようですが、雨量としては少ない方でしょう。
 今年の異常気象について。
1.梅雨明けは7月22日頃になるとテレビの予報士は説明していました。
2.ナサの情報では、今年の夏は99パーセント、世界的に過去最高の暑さになるそうです。
様々な天気予報情報があるので、注意深く状況を監視しながら、暑さに対応していく予定です。
とにかく最悪の状況を想定して、栽培管理を行わないと来シーズンのイチゴの豊作は
期待できません。
 ポット受けの進行状況。
今年は、比較的雨が多いので涼しい中で作業が出来ています。
章姫・ホワイトレディー・かおり野・あかねっ娘(ももいちご)・紅ほっぺと順調に
ポット受けが進んでいます。
ランナーの本数は、全体的に館長の計画より1割ぐらい少なめです。
計画自体が欲張っていたのでしょう。
来週は、ランナーの出がよくない、紅ほっぺの南側とアスカルビー・
アイベリーのポット受けをします。
 全体的には、若苗でよい苗が取れそうです。
心配なのは、病気が出てこないかです。
最新の注意を払っているので、病気の発生を抑えることが出来るでしょう。
写真1.ポット受けが終わったかおり野。ランナーの先端焼けが少し出てきました。
日差しが強く高温になると、ランナーのセンタの子苗まで蒸散を行うので、
全体的に萎れないよう給液量を増やしたり、遮光をしなければなりません。
右側がかおり野。左側があかねっ娘(ももいちご。
写真2.ポット受けが半分終わった紅ほっぺ北側。南側は、暑くてランナーの出がよくない
南側の紅ほっぺは、来週ポット受けします。
左側が章姫。右側が紅ほっぺ。
写真3.ポット受けが終わったかおり野。茎が折れやすいので注意して作業しました。
写真4.ポット受けが終わったあかねっ娘(ももいちご)。今年の苗は
元気でよい苗が取れそうです。
写真5.紅ほっぺの苗。全体的に子苗です。
子苗の方が、よい苗が取れます。
写真6.章姫の苗。20日にポット受けしたので、すくすくと元気に育っています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA