夜令処理(促成栽培)のいちごの3回目の出蕾調査状況(10月30日)

山梨の天気。最低気温13度。13日から夜令処理の花の出蕾状況を毎週月曜日に行っている。
調査結果
章姫90%。愛べりー96%。あかしゃのみつこ96%。さちのか97%。アスカルビー96%。あかねっ娘(ももいちご)。レッドパール37パーセント。サラダイチゴ9パーセント。
全体的には、13日〜30日にかけて、揃って花芽文化を得る事ができた。心配していたレッドパールもようやく蕾が見えてきた。来週は普通処理の章姫やアスカルビーなどが順番に出蕾してくるので楽しみ。いちごの収穫も12月上旬から夜令処理(促成栽培)のいちごの収穫が始まり12月末頃から普通処理のいちごの収穫が始まる。このため、いちごの収穫が切れずに継続でき、常に大きないちごの販売やいちご狩りが可能になりそうです。
心配していたミツバチも花の数につられて出てくるようになりました。写真1は、あかねっ娘(ももいちご)の花に受粉しに来たミツバチ2匹。写真2は、2匹のミツバチが花の奪い合いです。花が少ないせいか、花の奪い合いがありました。珍しい光景です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA