明日からイチゴの短日夜冷処理の開始。あちこちから、苗の不足の声が聞こえてきます。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 26日の朝は、17.6度と秋の訪れを予想させる涼しさでした。
しかし、今日はまた暑さが逆戻りです。
今年は、暖かい秋になりそうで、短日夜冷処理の効果で12月上旬から収穫が
出来る当館は、、無処理で収穫が遅れる他のイチゴ園と差別化が出来そうです。
 最後の力を振り絞って、培地のココ(ヤシ殻)を入れるベット作りを進めています。
今週末には、60ベット中50ベットが完成できそうです。
何とか、9月4日からの定植に間に合いそうです。
 ポット受けの苗や挿し木の苗は、ようやく最高気温が35度を下回り
根の張りが良くなり生育が早くなってきました。
苗は、全て新葉になり、黄緑色の美しい苗になって来ました。
 山梨のいちご園では、お盆明けから苗採りが始まりましたが、
7月8月の暑さで、苗不足の声が聞こえてきます。
館長にも、直接苗の問い合わせが多く入ってくるようになりました。
 8月25日は、某企業にイチゴの無農薬栽培の指導に行ってきました。
来月から、当館と同じように定植を開始します。
今年は、無農薬栽培をともにできる仲間が出来て嬉しい。
そして、必ず無農薬(残留農薬ゼロ)栽培を実現できるように指導したい。
写真は、元気に生育している当館の苗。
明日から短日夜冷処理を開始するB棟西のハウス。
定植が9月17日頃と早いので、苗は一番大きいです。
他のいちご園から注文を受けている章姫の苗のハウス。
今年は、出来栄えが良いです。
無処理と半短日夜冷処理のハウス。
9月末の定植予定。
かおり野の専用のハウス。
かおり野は、温度や水分管理が特別なので、別のハウスに
集中させています。
涼しくなり、苗が大きくなり始めました。
一番遅く取った苗のハウス。
9月末の定植です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA