イチゴの苗採りの作業実習が終了、暑い中ご苦労様でした。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 今日から暑さが戻ってきました。
今週の週末の最高気温は、35〜40度の範囲で、猛烈に暑くなりそうです。
このため、挿し木のハウスの天井黒の遮光カーテンを撤去する時期を
遅らせることにしました。
 23日 挿し木ハウス東側(挿し木後8〜10日目)は、黒遮光カーテン除去。
     午後に8日目の苗が萎れたので、天井の黒の遮光カーテンを使用。
     挿し木ハウス西側(挿し木後6〜8日目)は、黒の遮光カーテンを除去
     苗が萎れるので、天井の黒の遮光カーテンを使用。
 24日 挿し木ハウス東側(挿し木後9〜11日目)は、黒遮光カーテン除去。
     9時に小苗が萎れるので、天井の黒の遮光カーテンを使用。
     挿し木ハウス西側(挿し木後7〜9日目)は、黒の遮光カーテンに戻す。
 25〜26日は、猛暑のため、朝から1日中黒遮光カーテンを使用する。
     焦らずに、根が完全に出てくるまで黒の遮光カーテンを使用することにした。
 13日から23日まで作業実習に来られたいた、某企業の女性2人が、
実習を終えて帰られたんで、寂しくなりました。
 お二人には、今後ともイ「チゴの栽培の難しさをご理解していただくため」と、
「苗採りがイチゴ栽培の1年間の出来栄えを左右することを理解していただくため、
厳しく指導させていただきました。
特に暑い日々(35〜39度)の中で、単純な作業を繰り返すことは、忍耐力が無ければ
できません。お二人ともよく頑張りましたね!
美女2人と記念撮影。日焼けに対して、完全防備でした。
写真1.23日の朝に東側のハウスの黒遮光カーテンを除去。
写真2.23日の朝に黒遮光カーテンを真中に寄せて、太陽の光をハウスの中に取り入れる。
写真3.明日からの猛暑に備えて苗が萎れないように、西側のハウスは、
黒遮光カーテンを元に戻しました。
写真4.黒遮光カーテンを除去したため、今日の暑さで苗が10時に
萎れました。
この時点で、週末の35〜40度の猛暑に備えて、天井黒遮光カーテンを
使用することにしました。
写真5.13時には、萎れが無くなり苗が元気に立ちました。
写真6.23日から小学校は夏休み。孫の光咲も参加。
館長も参加するが、昔と比べて人数が少ないですね。
もっと驚いたのは、ラジオ体操に出席し根ければならない日数が、
5日間と短い事でした。
館長のころは、40日間の皆勤賞を狙ったものでした・・・。
     

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA