いちご狩りハウスのポット受け苗を育苗ハウスに運搬。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 23日にポット受けした章姫の苗を、親株から切り離しました。
昨日の切り離しテスト同様、苗が萎れて倒れることは、ありませんでした。
今年は、雨が多く気温が低かったので、苗の根の張りは良いようです。
この時期は、日照不足の悪条件より、気温が低い方が苗にとって良い条件らしい。
写真1.いちご狩りハウスで取った苗を育苗ハウスに運びます。
この運搬は、親株ハウスの再建により、来年からは不要です。
この運搬が毎日あるので、大変です。
写真2.育苗ハウスに持ち込まれた章姫の苗。
ポットの水が不足して乾いているので、すぐに水を与えます。
根の出が良くない苗が萎れそうな時は、葉にかける必要があります。
今回は不要です。
写真3.ポット受けの苗を除去した親株。
来週から挿し木の苗として、活用します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA