イチゴの短日夜冷処理の冷房装置の設置化完了。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 明日から、23日からポット受けした苗の切り離しが始まります。
ポット受けの苗の根の張りは、親株の生育状況や天候など様々な条件で
根の張りが良くなったり、悪くなったりします。
また、ポット受け期間が長すぎると水不足になったり病気になったりします。
今年は、雨が多いので日照不足で根の出が心配されました。
明日の切り離しに当たり、23日の章姫の中で一番根の出が
良くなさそうなトレイを選び親株から苗を切り離ししました。
館長の心配をよそに、切り離し後も萎れない元気な苗でした。
明日は、予定通り23日のポット受けの苗を切り離しします。
写真1.23日にポット受けした苗を親株から切り離ししました。
曇りの天候の中で、萎れることなく元気です。
写真2.今日は最後の品種のあかねっ娘(ももいちご)のポット受けをしました。
早めに苗採り用に残した親株から苗の出が良くなかったので、後から予備に
残した親株からポット受けをしました。
万一を考えて、予備の親株を残していて良かった。
写真3.短日夜冷処理に使用する冷房装置を移動。
雨で、設置が延び延びになっていました。
今年は、周りに宅地が無いので一晩中冷房を効かせられるので、
夜冷処理が完璧に出来るでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA