いちご狩りハウスに定植した親株からランナーが、沢山出てきました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
 最近の梅雨は、雨粒が大きくひとたび降ると豪雨並みである。
今年は親株ハウスの再建が3月の親株の定植に間に合わなかったので、
いちご狩りハウスに親株を定植しました。
いちご狩りハウスのベットの高さは、親株ハウスのベットの高さ2メーターに比べ
1メータと半分の高さのため、沢山の親株を定植しました。
このため、親株の定植時期や苗採りの時期や苗採り本数の差など、様々な条件が
異なるため、例年以上に苗採りに気を使っています。
一番苦しいのは、作業時期の立案、実施が難しいことです。
 いちご狩りハウスに定植した親株もそれなりに大きくなりました。
いちご狩りのお客様の状況を勘案しながらいちご狩りの株を除去して、
親株を定植したため、苗採りの時期が少しずつ遅れています。
来週の23日から苗採りを部分的に開始します。
写真1.6月23日から苗採りを開始する章姫。
これ以上ランナーを伸ばすと通路を歩けなくなります。
親株ハウスに比べて、いちご狩りハウスの通路は狭いです。
写真2.6月23日から苗採りを開始する紅ほっぺ。
写真3.6月23日から苗採りを開始する新品種のホワイトレディ。
定植が遅れた苗は、少しランナーの出が遅れています。
写真4.6月末頃に苗採りが遅れているかおり野。
かおり野は、ランナーの本数が少ないので、予定以上に
苗が少ないです。状況により苗採りを7月上旬に遅らせる予定。
しかし、暑くなるとかおり野は、ランナーの先端が枯れやすいので
要注意です。
写真5.7月13日頃から苗採りを開始する章姫。
いちご狩りの株を除去できなかったので、定植が遅れたので、
ランナーの出がまだ少ないです。
写真6.7月13日頃に苗採りを開始するかおり野。
定植が遅れたかおり野は、まだランナーの出が遅いです。
写真7.2年前の13年6月24日の親株ハウスの親株の状況。
いちご狩りハウスの倍ぐらいのランナーが出ています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA