いちご狩りハウスのイチゴの収穫時期の予測。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
3月上旬の雪害の状況
 秋山ソフトバンク、優勝おめでとう!
巨人には無い、監督と選手の信頼関係を見ました!
 ミツバチさん達が少し花を訪問して、受粉し始めました。
しかし、明日から4日間曇り時々雨のため、ミツバチさん達は、巣箱の外に出てきません。
このため、4日間は人間が行わなければなりません。
1日から3日まで休日のため、人間での受粉は出来ないのであきらめます。
 イチゴの出蕾状況。
今年は、例年より少し寒さが早く来たので、出蕾が定植後30日〜40日後の
予定が定植後15〜25日で小さな出蕾が見られました。
あわてて、生殖成長から栄養成長に切り替わるように栽培方法を変更しました。
その結果、全体の半分のイチゴの株は栄養成長で大きくなりました。
しかし、イチゴの株が大きくなりすぎて生殖成長から遠ざかりすぎて、
半分のイチゴの株の出蕾は、11月10日頃以降に遅れそうです。
イチゴの定植時期と気温のマッチングの難しさを痛感します。
 苗が不足して生育が遅れていたあかねっ娘(ももいちご)は、十分大きく
なって来ましたが、逆に大きくなりすぎて出蕾が遅れ始めました。
3割は12月に収穫開始。
3割は、11月3〜10日頃までに出蕾が無いと、1月中旬に出蕾が遅れるか連結多芽に
成りそうです。
 収穫開始時期の予測
1.半分は12月10日から12月末頃から開始。
2.半分は1月15日から1月20日頃から開始。
 品種別出蕾状況
1.章姫
 (1)小苗は、87パーセント
 (2)中苗は、74パーセント
 (3)大苗は、68パーセント。
2.紅ほっぺ。
 (1)小苗は、90パーセント
 (2)中苗は、75パーセント
 (3)大苗は、35パーセント
3.かなみひめは、57パーセント
4.アスカルビーは、50パーセント
5.かおり野は、90パーセント
6.さちのかは、6パーセント
7.アイベリーは、20パーセント
8.あかねっ娘(ももいちご)は、26パーセント
9.サラダイチゴは、74パーセント
写真1.順路1の章姫。出蕾が6日から27日頃にばらついています。
ようやく連年並みの株の大きさになりました。
写真2.大きく元気な章姫の株。葉の色つやが良いです。
写真3.順路2のアスカルビー・かなみひめ・かおり野・紅ほっぺ・さちのか。
半分お株は、大きくなりすぎて収穫開始が1月中旬に遅れそうです。
早すぎて花を取るよりは、遅れても大きな実が収穫出来る方が良いです。
写真4.停電で高温障害を起こした章姫。7割は、1月中旬以降の収穫開始となります。
予想以上に回復が早いです。
写真5.9月10日に定植したお土産や通販用の章姫。半分が6日〜14日の出蕾。
半分が20〜27日の出蕾。イチゴの株は、メチャクチャ大きいです。
写真6.お土産用とケーキ屋さん用の紅ほっぺ。
苗が小さかったので、ほとんど出蕾。収穫開始は11月末予定。
写真7.例年並みの出蕾予定。大きくなりすぎて出蕾が遅れるかも?
写真8.一番遅れていたあかねっ娘(ももいちご)。
2〜3割は、12月末から収穫開始。
4割は、苗が小さくて収穫時期は、1月中旬以降になりそう。
3割は12月末になるか1月末頃になるか不明。これからの出蕾時期で、
分かります。
写真9.大きくなりすぎたあかねっ娘(ももいちご)。
元気よく葉露を出しています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA