いちご狩りハウスのミツバチさん達が受粉を開始しました。館長の元上司が無くなられ、悲しい・・・。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
3月上旬の雪害の状況
 ミツバチさん達がようやく受粉活動を本格的にするようになりました。
今回は、1箱目のミツバチさん達が受粉を始めるまで、18日。
    2箱目のミツバチさん達が受粉を始める間で5日間でした。
 明日からは、人間が受粉をするのをやめられます。
これで、12月10日頃から収穫が開始できそうです。
 14年と言う年は、館長にとって苦しい事や悲しい出来事が沢山ありました。
今日も、館長の元上司のS様がお亡くなりになりました。
今年一番の悲しみです。7日に母のお墓参りの後に、S様にお会いする予定でした。
昨年の9月、ほほえみの丘におられるS様にお会いに行ったときは、お約束の時間に玄関で
館長を待ってくれていました。
Sさんは、館長を厳しく指導すると同時に、常に館長を信頼してくれました。
失敗しても、必ずフォローしてくれる優しさもお持ちでした。
Sさんから館長が一番学んだことは、「試作研究費は売り上げの1割は確保しなさい」と言うことでした。
館長は、イチゴ栽培を始めてから毎年売り上げの1割を研究に充てるよう頑張ってきました。
その結果、無農薬(残留農薬ゼロ)や太陽光に近いLEDの採用などが出来ました。
7日には、告別式に出席する予定です。
写真は、元気に受粉を開始したミツバチさん達。どこを見てもミツバチさん達が見られます。
良かった!良かった!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA