いちご狩りハウスにかおり野を定植。雪害でいちご狩りハウスが倒壊以来、初めてに命が芽生えました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
3月上旬の雪害の状況
 2月15日の雪害以来、馬車馬のごとくいちご狩りハウスの再建に取り組み、
7月からの苗採りを経て、念願のイチゴの苗の定植にこぎつけました。
夢にまで見た、イチゴの苗の定植を迎え、涙が出そうなほど嬉しいです!
まだ、本格的な定植の前で僅かの定植ですが、新しいハウスに真っ白なマルチの中に、
眩いばかりの緑の苗が、いちご狩りハウスに命を与えています。
 当館の定植のトップバッターは、かおり野です。
かおり野は、夜冷処理をしなくても、9月末には花芽分化お起こします。
ポットで出蕾させるより、定植して出蕾させる方が、苗を大きく出来ます。
かおり野の場合9月末の花芽分化(10月上旬の出蕾)を無視して蕾を取り除きます。
その間、イチゴの苗を大きくして1月から5月まで元気に働いてもらいます。
 かおり野の2回目の定植は、9月20日頃を予定しています。
写真1.かおり野の苗。白い根が元気なあかし。
写真2.まばらで僅かですが、かおり野の定植が完了。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA