いちご狩りハウスの中の温度は、42度の猛暑。挿し木の苗はこの猛暑に耐えています!

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
平日は、このいちご狩り日記をお読みください。
3月上旬の雪害の状況
 23日の大暑から、日本列島は猛暑に襲われています。
今年も昨年に引き続き猛暑の夏になりそうです。
甲府の最高気温は37.7度と今年の最高を示しました。
いちご狩りハウスの温度は、恐る恐る横目で温度計を見ると42.5度、直射の場所は
軽く45度を越していました。
毎年挿し木の苗採りを行うのですが、時期が変われどほとんど猛暑に襲われます。
挿し木の苗採りは、もう数年かけて猛暑対策をしてあるので、40度まで心配ありません。
しかしながら、年々老いていく私達人間の体の方が限界です!
今日は、厳しい条件の苗採りが終わり、いちご狩りハウスのかたずけや、来週からの
章姫のポット受けの準備をしました。
先週切り離したポット受け苗の内、大苗すぎる品種の葉欠きを行い
苗の小型化を図ります。
写真1.葉欠き前の大苗の「かおり野」。
写真2.葉欠き後の「かおり野」。
ポット苗で根が十分張っているので、葉欠きを強くし小苗化を図ります。
ポット受けにもかかわらず、芯止まりの株もありました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA