ようやく、雪害の復興融資金がおりました。台風8号から半壊の親株ハウスを守り、苗も無事でした。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
平日は、このいちご狩り日記をお読みください。
3月上旬の雪害の状況
最大級と言われた台風8号は、集中豪雨を伴うも風による被害が少なかったようです。
半壊の親株ハウスも、無事守ることが出来ました。
実際のとこ、館長は様々な対策をして台風8号の襲来に備えたのですが、
当館のエリアは、雨も少なく風もありませんでした。
昨晩は12時から朝6時まで、不安で眠れない状態でした・・・・。
今日は台風一過で、最高気温が36.3度の猛暑日で、暑くてつらい一日でした。
思わず、倉庫からいちご狩りハウスに、大型扇風機を3台出しました。
2月の雪害の補助金の申請手続きは、未だ国の方から要求されていません。
遅れているので、本当にもらえるのか少し不安になる。
この分だと、国の補助金の認可が遅れたりや補助金の支給が来年になりそうです。
そんな中、復興設備に対する融資2千万円が、農協を通じて当館に支給されました。
このお金は、すぐにハウス屋さんに支払われました。
当館は、いち早くハウスを完成させたので、早くお金を支払わないと零細なハウス屋さんは、
資金繰りに行き詰まり材料が買えなくなり、当館以降のいちご園のハウスが
建てられなくなります。
この支払われた2千万円で、ハウス屋さんも次々とハウスを手てて行けるでしょう。
当館は、国から補助金が支払われたときに農協に2千万円を返します。
今年の収入が雪害で無くなり、収穫でお金が入る12月までの運転資金に困っていました。
国から農協を通して5年間無利子で5百万円借りくことが出来ました。
今日館長の通帳に入金されたのを見ると、借りたお金ということをわすれて、
なんだか急にお金持ちになったような気がしました。
これで、パートさんの賃金や農業用資材の購入のめどが立ちましたので、
皆さんご安心ください。
写真1.台風一過で久しぶりに、富士山が美しく見えました。
例年より、沢に雪が多く残っています。
写真2.半壊の親株ハウスも台風8号に負けず、来シーズンの苗を守りました。
この半壊の天井を苗を採り終る10月まで維持しなければなりません。
写真3.36.3度の猛暑日で大型扇風機を3台出しました。
今年の夏も猛暑になれば、扇風機が活躍するでしょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA