いちご狩りハウスの周りの溝を埋めました。倒れて破損したベットの配管を修理。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
平日は、このいちご狩り日記をお読みください。
3月上旬の雪害の状況。
写真1.いちご狩りハウスの周りの腰巻部溝を埋めました。
雨で土が固まっているので、機械で埋めました。
写真2.綺麗に溝を埋めました。
写真3.ハウス周りの鉄くずをかたずけました。
綺麗になりホッとしました。
写真4.4月間、外部から有害な菌や種の侵入を防ぐために、
ビニールでカバーしておきました。
写真5.いちご狩りハウスの天井や周りがビニールで被覆されたので、
外部からの侵入が防止出来るようになりました。
ビニールカバーを取り除き、ベットの中の培地(ココ;ヤシ殻)を乾燥させます。
写真6.倒れたベットの配管の修復を開始。
まず、穴を掘りパイプを見えるようにします。
写真7.破損したパイプの配管完了。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA