雨が侵入しないいちご狩りハウスの完成。秋田からお祝いに大きな鯛が届きました!

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
平日は、このいちご狩り日記をお読みください。
3月上旬の雪害の状況。
 昨晩は、ゲリラ豪雨的な雨に襲われ、いちご狩りハウスの床も水浸しになりました。
4日からの梅雨の雨で、いちご狩りハウスの工事が遅れてしまい、
ビニールを張り終わっても、天窓の巻き上げパイプを固定していないので、
天窓を閉める事が出来ませんでした。
今日の10時過ぎに天窓のビニールも乾いたので、天窓の巻き上げパイプを
マイカー線で固定しました。
さらに、天窓を動かすモーターの配線も完了させました。
今晩から天窓を自由に開け閉めできるので、雨が降っても心配しなくてよくなりました。
これで、真のいちご狩りハウスの外観の完成です。
良いことは重なるもので、秋田から天然ものの60Cmの鯛が届きました。
これぞ、「メデタイ!」
余りに大きいので、お魚屋さんに持って行ってさばいてもらいました。
鯛の骨は、固いので・・・・・・。
写真1.天窓のモータの配線と自動のためのセッティング。
写真2.いちご狩りハウスの完成を見に来た鴨。
お田植えが終わったばかりのダンボから見に来ました。
早く子供を連れてきてほしい物です。
写真3.60Cmの大きな鯛に館長も英子社長もビックリ。
魚拓を取りたいぐらい立派でした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA