山梨も昨日梅雨入りしました。いちご狩りハウスの再建のビニール張を早く終わらせねばなりません。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
平日は、このいちご狩り日記をお読みください。
3月上旬の雪害の状況。
昨日から、山梨は例年より5日早く梅雨入りしました。
予報では、エルニーニョ現象により、例年より遅いつい入りの予報でした。
ビニールを張り終るまで、梅雨入りしてほしくなかったのですが、自然は
思うようになりません。
九州・四国の1〜2日前の雨量は、6月として過去最高の雨量でした。
このため、昨日は天気予報に従っていちご狩りハウスの再建作業を中止しました。
昨日と今日は、150mmの降雨予想でしたが、昨日に引き続き今日も晴れています。
今日は、予報を無視して皆が出勤していちご狩りハウスの天井のビニール張をしています。
何とか、明日にはビニール張が終わればよいと思っています。
ビニール張は、ビニールを止める作業以外にマイカー線で天窓やサイト窓の固定を
行うので、時間がかかります。
私たちは、ビニール張の邪魔をしないように、床の補修作業として、
通路マットを貼っています。
今回のハウスの倒壊と、再建作業で、ハウスの中の通路は相当傷んでおり、
お客様が気持ちよくいちご狩りが出来たり、通路の土が舞い上がり
イチゴに付着しないように、至るところの通路を手が空いたときに補修します。
写真1.ハウスの支柱を立て直すために、通路マットを切ったので、
ガムテープで刈り止めして元に戻します。
写真2.破損して修復した通路マットの上に、新品の通路マットを
敷きました。新品は、気持ちが良いです。
写真3.天窓の巻き上げパイプにビニールを張ります。
事前に張った防虫ネットも同時に固定します。
写真4.いちご狩りハウスの入り口と直売所に白のビニール張。
ハウスの倒壊で傾いていましたが、見違えるように良くなりました。
写真5.いちご狩りハウスの周り(サイド)のビニールが張り終りました。

Follow me!

山梨も昨日梅雨入りしました。いちご狩りハウスの再建のビニール張を早く終わらせねばなりません。” に対して2件のコメントがあります。

  1. 内田理之 より:

    外見的にはかなり元の状態に戻ったようですね。しかし、この10年間の努力で、ハウスの中は病虫害的な観点からはかなりクリーンな状態になっていたのではないかと思います。それがハウスの倒壊によっていったんベッドを大気開放してしまったので、ハウス完成から定植までの期間にクリーン度も元に戻していく作業が必要になるのではないでしょうか? 大変な作業が続きますが期待しています。 

  2. 館長 より:

    いちご狩りハウスもようやく形が出来てきました。ビニールを張れば、何が起きても心配が無いのですが、悔しいことにこの3日間の雨でビニールが張れません。
    いちご狩りハウスの中のクリーン化は、ハウス内の温度を高温にして病原菌や害虫・卵を駆除するしかありません。
    幸い、他のいちご園に比べて早くハウスが完成できるので、色々な方法をテストしてみます。
    定植するベット(培地;ヤシ殻)は、ハウス倒壊からビニールで覆い、培地を乾燥させて病原菌などが増殖しにくい環境にしてあります。
    皆様にご満足いただけるイチゴを作ることを目標に色々なことをシュミレーションしながら頑張っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA