雪害で倒壊したいちご狩りハウスの再建が始まりました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
平日は、このいちご狩り日記をお読みください。
雪害の義援金のお申し込みはこちら。
2月14日の雪害で倒壊したいちご狩りハウスの再建が始まりました。
まだ、材料が入手できないので、倒壊したいちご狩りハウスの入り口の
直売所といちご狩りハウスの奥の機械室の倒れを修正しました。
他のいちご園では、解体して新品に作り直しているようですが、
館長は、出来るだけ再建の費用を削減するために、思い切って
修正する方法を採りました。
この修正により、国の税金の投入が100万円減り、館長の出費も10万円減りました。
完全には、元に戻りませんでしたが、ハウスの再建の日数の削減と費用の削減が出来て、
満足です。
写真1.傾いた入り口の直売所。傾いているので、ドアも破損し
半分しかドアが開閉できませんでした。
写真2.重機で少しずつ傾きを起こし、垂直に戻していきます。
重機はパワーが有るので、直売所を壊さないように注意しました。
写真3.ほぼ垂直に戻った入り口の直売所。
これから、更にボルトなどを緩めながら、倒れとゆがみを取り除きます。
さらに、ハウス屋さんの腕の見せ所です!
修理が終わった入り口で、早くお客様をお迎えしたいです。
写真4.重機を使い同様に奥の機械室の倒れとゆがみを取り除きました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA