来シーズンの親株の生育が、例年並みに回復しました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをお読みください。
平日は、このいちご狩り日記をお読みください。
雪害の義援金のお申し込みはこちら。
残念なことに、まだハウスの材料が入らないため、ハウスを建てられません。
ハウスの材料は、5月14日頃に入ってぅるようです。
親株の生育は、順調になって来ました。
全体的に、太郎苗から次郎苗のランナーが出てきました。
2月の雪害により、ハウスが倒れて親株が暖房の無い寒さにさらされて、
成長が狂い芯止まり(芽無し)株が例年より多く出ています。
写真1.左は、かなみひめ。右のあかねっ娘(ももいちご)のランナーは、
全ての株で順調に出ています。
今年は、苗の不足で心配しなくてすみそうです。
写真2.かおり野は、一番ランナーの出が良くありません。
沢山ランナーの出ている株で、苗を賄います。
写真3.アイベリーのランナーは、順調に出ています。
写真4.さちのかは、一番ランナーの出が良いです。
写真5.例年に無くアスカルビーの株の出来栄えが良く、
ランナーの出も良いです。
写真6.左側は、章姫で、例年より生育が遅れています。
右側は、紅ほっぺ。紅ほっぺは、例年よりランナーの本数が
少ないです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA