夜令処理苗の5回目の葉欠き完了。

13日の山梨県の天気。最低気温19度。写真1は、今年最後の3回目の苗採り完了の写真(D棟)。7月20日以降から生育した子苗のため、比較的大きな苗で活性も良く活着も良い。困っている農家さんのために10月上旬の出荷を目指す。出荷時期は、館長の技術力次第です。写真2は、夜令処理苗(冷房により12月上旬の収穫)の5回目の葉欠きが完了。葉欠きにより、害虫や病気の発生無しで、無農薬栽培の準備完了。クラウン(株の太さ)も大きくなり苗の大きさも全体的に揃って理想の苗に近ずいてきた。
写真3は、出荷待ちのA棟の苗。写真4は、出荷待ちのB棟の苗。最近は温暖化により、定植が遅くなっかのか苗の引き取りが遅い。

Follow me!

夜令処理苗の5回目の葉欠き完了。” に対して1件のコメントがあります。

  1. ※二酸化炭素の始末:地球温暖化対策として、海底下地層への投棄…

     1.始めに 小池百合子環境相も、色々忙しそうなニュースが目白押しだ。その第一とされるのが、二酸化炭素(CO2)を海底下の地中(海底下地層)に投棄し貯蔵する技術について、その技術の専門家らに諮問した。                2.二酸化炭素の海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA