いちご狩りハウスのベットを自力で再構築開始。

土曜日と日曜日は、館長のブログをご参考ください。
義援金にご賛同いたただける方は、こちらを見てください
当館のホームページ「義援金のお願い」
ボランティアのお願い(4月6日)。
詳細は、3月11日のブログをご参考ください.
4月6日のボランティアは、あまり集まりが良くありません。
もしお時間がありましたら、ご参加のほどよろしくお願いします。
集合お時間は、10時に変更いたします。
作業内容は、下に置いてあるココ(ヤシ殻)2000個をベットに戻す簡単な内容です。
今日から、業者にお願いする解体やハウス建設を除いて、
自力で再建しなければならないベットの再構築を開始。
土に打ち込んであるH鋼を抜き、地下で錆びた部分をカットして
再利用するために、カットした部分に下駄をはかさなければなりません。
さらに、レベルが出ていない地面に対して、培地のココを入れる
長さ30メーターのベットを水平に組み立てなければなりません。
水準器と水平気を駆使して、ベットの水平を確保しました。
最初の1ラインを作るのに試行錯誤しながら、失敗を繰り返しながら、
ようやく、目標の30メーター水平のベットを1本だけ作れました。
写真1.H鋼を短くした分、下駄をはかすパイプを打ち込み。
垂直に打ち込まないと、H鋼が曲がるので要注意です。
しかし、曲がっていても意外と垂直にH鋼が組み立てられました。
写真2.下駄の代わりに立てたパイプにH鋼を差し込み、水平と
高さを決めてカシメて止めます。
30メータの水平を水準器と水平気で出すのに苦労しました。
写真3.取り外した発泡スチロールを載せました。
この作業も問題が出ましたが、時間をかければ解決できます。
写真4.30メータのベットで発泡スチロールを支えるパイプが
ベットの倒壊で曲がってしまっています。
外の運びだし、前後の特殊加工の部分を確保しました。
写真5.特殊加工の部分は再利用して、30メータの曲がった部分にはまっすぐの
パイプを取り付けて、再利用します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA