雪にも雨にもにも負けず、いちご狩りハウスの解体が終わりました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをご参考ください。
義援金にご賛同いたただける方は、こちらを見てください
当館のホームページ「義援金のお願い」
ボランティアのお願い(3月23日と4月6日)。
詳細は、3月11日のブログをご参考ください.
今日も強風(瞬間風速22M)が吹き荒れ、寒い一日でした。
3月4日の雪の日に開始したいちご狩りハウスの解体も、
雨にも負けず、雪のも負けず、強風にも負けず土日も休まず、
進めた結果無事完了しました。
館長の短納期の無理なお願いを聞いてくれた解体屋さんには感謝してもしきれません。
また、ここまで来れたのも皆様方の応援とご支援が有ったからこそです。
今日からは、予定通り栽培ベットの修復作業を開始します。
いちご狩りハウスを立て直すのは、材料待ちの状態ですが、4月末頃でしょう。
写真1.最後の48mmパイプの支柱を抜いています。
写真2.東側のサイドの支柱を外しています。
写真3.抜いた支柱を重機でコンクリートを除去して運び出しています。
写真のように、いちご狩りハウスの中は、また散らかっています。
写真4.強風で、散乱しそうになった発泡スチロール。
散乱しないように、縛りなおしました。
写真5.除去したH鋼は、短く切って寸法を揃えます。
再生するために、使うときは、苦肉の策で下駄をはかせます。
写真6.2段ベットの危険な作業のココ出しは、私達で終わらせました。
23日のボランティアの皆様には、安全な作業のココだしをお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA