イチゴさん達をいちご狩りハウスから除去しました。

土曜日と日曜日は、館長のブログをご参考ください。
義援金にご賛同いたただける方は、こちらを見てください
当館のホームページ「義援金のお願い」
ボランティアのお願い(3月23日と4月6日)。
詳細は、3月11日のブログをご参考ください。
朝から春一番が吹き荒れていました。
余りの寒さに、パートさんは10時から出勤して作業をしました。
館長と穴山君は、8時からビニールの無い吹きっさらしのいちご狩りハウスの中で、
ひたすら、イチゴの株の除去をしました。
昨日の雨で、床に水が溜まり、長靴で作業のため、足が冷たくて大変でした。
今日であの大雪(1.2Mの積雪)から1カ月が過ぎました。
15日から暖房もなくなり、6日からはビニールが無くなり、
マイナス4〜5度にも耐えてきたイチゴさん達も、葉が枯れて
イチゴの実も凍り、さらに過熟になって来ました。
早く、イチゴさん達を楽にしてあげようと思っていましたが、
いちご狩りハウスの撤去が忙しくて今日まで来てしまいました。
可哀そうですが、イチゴさん達の株を除去しました。
写真1.あまりにも寒いので、皆さん合羽を着て作業をしました。
写真2.葉も枯れ、イチゴも凍結してぐじゅぐじゅになっています。
写真3.イチゴの株を除去すると、ベットの破損状況が明らかになりました。
これほど悲惨とは思いませんでした。
これから、どのように直していけばよいか、途方に暮れる!
写真4.ハウスの外の山々は雪でもやっています。
本当に寒い!
写真5.除去したイチゴさん達の山。
これから、沢山の実がなると言う直前に切り取られて、
可哀そうで涙が出そうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA