いちご狩りハウスの最後の出荷は、ジャム用イチゴでした。

土曜日と日曜日は、館長のブログをご参考ください。
義援金にご賛同いたただける方は、こちらを見てください
当館のホームページ「義援金のお願い」
毎日、少しずつ義援金のお申し込みがあり、感謝しております。
今日は、解体屋さんのご好意で、通常の倍の人数が来てくれました。
明日からは、人数が減るそうです。
何せ、消費税の駆け込みで忙しい所、無理矢理に解体をお願いしたので、
無理は言えません。
イチゴさん達の最後の収穫を行いました。
今日のイチゴさん達は、ジャム屋さんに行きます。
当館のイチゴは残留農薬がゼロで、甘いので人気があり、通常のジャム用イチゴ
より高く買っていただいております。
本当に、最後の最後までイチゴさん達は、当館に収入をもたらせてくれます。
写真1.毎朝親株ハウスによって来るのですが、元気に葉露を
出しているイチゴさんを見ると、館長も元気が出ます。
写真2.今日は重機も来ています。朝から解体に気合が入る。
写真3.昨日の雪が、解体作業の遅れになる。
写真4.今シーズン最後の収穫。20日間、暖房もなく肥料も無く、
厳しい環境でイチゴさん達は、頑張って来ました。感謝!感謝!
まだイチゴの粒も大きく、ジャム用としてはもったいないです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA