山梨の豪雪によるいちご狩りハウスの倒壊被害の義援金と寄付の受付。

土曜日と日曜日は、館長のブログを見てください。
山梨の豪雪によるいちご狩りハウスの倒壊の義援金と寄付の受付は、
こちらを見てください。
写真1.雪の重みで天井が落下したハウス。
写真2.天井がイチゴの棚まで落下
来シーズンの親株の定植が終わったので、
豪雪によるいちご狩りハウスの倒壊被害の義援金のお願いさせていただきます。
豪雪でいちご狩りハウスが倒壊したときは、余りの被害の大きさ
(損失4千万円)に、
いちご園を続けるか辞めるかと、そのことばかり考えていました。
館長のオリジナル技術を後世に残したい、
皆様方の暖かいお言葉と励ましのお言葉に応えたい.
最近、再建への道はとてつもなく厳しい道と分かって来ましたが、
いちご狩りハウスの再建を最終的に決意いたしました。
今日から、「苦労の後には、良いことが有る」を信じて、
迷うことなく今年の12月の再開を目指して驀進いたします。
つきましては、勝手ながら皆様方に再建のための営農資金を
ご支援いただきたくお願い申し上げます。
館長も正直65歳、4月で66歳となります。
脱サラして、ここまで頑張れたのも
皆様方のご指導・ご支援があったからこそです。
自分なりに、このいちご狩りの世界に
1.多品種のいちご狩り。
2.練乳不要な甘いイチゴ
3.残留農薬ゼロのイチゴ
4.誰からも絶賛される甘い、あかねっ娘(ももいちご)。
などの新しい方式や栽培技術を考え、そして後世に残したい。
更には、沢山の皆様に愛されているとことを再認識しました。
館長の趣旨にご賛同いただける皆様から、再建のための運営資金を
ご援助頂きたくお願い申し上げます。
再建のスケジュール
親株の定植(3月)→ハウスの解体(3月)→ハウスの再建(5〜7月)→苗採り(7月)
→定植(9月)→収穫(12月)
1.再建義援金のご支援のお願い。
運営資金については、銀行からお借りするのが非常に難しいのです。
つきましては、皆さまから1口1万円の義援金を募集させていただきたいのです。
図々しいと言われそうですが、目標金額は、300万円です。
(1)再建義援資金  1口1万円(何口でも購入可能)
(2)有効期間   3年
(3)再建義援金をいただいたお客様には3年間に限り、下記のどちらかをお選び出来ます。
3−1 贈答用イチゴ(2000〜2200円;送料740円は当館持ち)の宅配「3年分(1年につき1箱)をご自宅にお届けいたします。
3−2 いちご狩り料金とイチゴアイスかアイベリーのジェラート(4〜500円)をセットで1人分を3年間無料にいたします。
        下記口座にて義援金を受け付けいたします。
お振込先: ジャパンネットバンク 本店営業部
普通口座: 1576140
前田 克己(マエダ カツミ)
店舗所在地:
グルメいちご館前田
〒409-3815山梨県中央市成島1607
tel :055-273-3519
        ご入金されたお客様は、必ずご希望の内容(贈答用の箱かいちご狩り )をご連絡ください。 
宅配については、基本的に日時のご指定は、お受けできません。
いちご狩りでお申込みいただいたお客様で、ご来館出来ない年は、イチゴの宅配に変更可能です。
2.お見舞金又は再建寄付金について
多数の皆様から、お見舞金や寄付金のお申し出が多くありますので、
上記義援金とは別にお見舞金と再建寄付金をお受けいたします。
義援金と区別するために、お振込口座を別にいたします。
お振込先: 山梨中央銀行 医大前支店
普通口座: 361560
前田 克己(マエダ カツミ)
店舗所在地:
グルメいちご館前田
〒409-3815山梨県中央市成島1607
tel :055-273-3519

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA