いちご狩りハウスの定植準備完了!

24日の山梨の天気。最高気温35度。待ちに待ったいちご狩りハウスの定植準備完了。夏の暑い時期の大きな課題は、良い苗の栽培といちご狩りハウスの準備である。良い苗の栽培は、病気の発生に神経を使う。いちご狩りハウスの準備は、暑い夏と体力との戦いである。手抜きをすれば出来ない事もないが、それでは最高品質のイチゴがっ収穫できない。9月のいちごの定植が完了した時点で、今シーズン出来栄えが、5〜6割がた決まってしまう。これからは、最高の栽培条件と愛情がこもった手入れと管理を維持すれば良い。最後に今シーズンがイチゴの栽培に適した天候である事を心から祈るだけです。農業の出来栄えには、天候が欠かせない。
写真1は、定植準備が完了したハウス。左の一段ベットと右の二段ベットに真っ白なマルチが張られ、イチゴの苗の定植を待つばかりです。純白のマルチは、結婚式のウエディングドレスと同じように、何時見ても良いものですね!
夕方、甲府の小曲のいちご園藤田さんと石和の石和いちご館青柳さんの所に、苗の出来栄えを見に行きました。どちらも順調に進んでいました。苗を採った時期が当館より遅かったので、苗はまだ小ぶりでした。帰りに藤田さんから大きなスイカ(写真2)、青柳さんからぶどう(写真3)をいただきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA