ミツバチさん達がイチゴの受粉を開始しました。感謝!感謝!

山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。
今年のミツバチさん達は、10月15日に熊本を出発して、17日に当館に着き、
18日にいちご狩りハウスに放育しました。
18日から20日まで、ず〜と曇りや雨で巣箱からミツバチさん達が出てきませんでした。
ミツバチさん達は、晴れて太陽から紫外線が出ている時は、巣箱から出て受粉活動をします。
これは、紫外線がカーナビの電波の役割をしているので、紫外線の少ない曇りや雨の日には
ミツバチさん達は、出てこなくなります。
昨日から今日まで、ようやく少し晴れたのでミツバチさん達が巣箱から出てきて、
受粉活動をしてくれることを、祈り願っていました。
昨日と今日の僅かな時間の晴れを逃すと、明日から26日まで雨か曇りのため、
このミツバチさん達は、巣箱から出なくなる心配かありました。
昨年は、ミツバチを放育後10日間も受粉しませんでした。
幸い、今日の午後からミツバチさん達が受粉している姿が見え始めました。
今日の受粉作業時間は、4人で約2時間かかりました。
明日から、26日までの5日間は、台風27号と28号の影響で、雨や曇りでおそらく
ミツバチさん達が巣箱から出てこないので、私たちが受粉をするしかないでしょう。
(密かにミツバチさん達が出てくるのを期待しています。)
写真1.ようやく夜冷短日処理の章姫の受粉活動を開始したミツバチさん達。
昨年のメーカから新しいメーカに変更して良かったです。
今思っても、昨年は、巣箱から出てこなかったり、寿命が短いなど最悪でした。
写真を見てびっくり、12時頃なのにまだ葉露が残っていました。
写真2.夜冷短日処理の章姫に八重の花が多くなりました。
八重の花からは、40g前後の大きな実が収穫できます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA