第一回目の苗の葉欠き

13日の山梨の天気。最高気温35度。お盆休みですが、イチゴの苗が葉を欠いてほしいと待っています。館長は、休みたいのですが、イチゴの苗の希望を叶えてあげねばなりません。近所からは、”怠け者の盆働き”と笑われております(笑い)。皆さんも休日にご家族から家族サービスを要求されたら、快く応じるのと同じです。今年は、例年より一週間早く葉欠きを始めます。葉欠きが遅くなると新葉が古い葉を追い越そうと伸びすぎてしまいます(徒長苗)。葉欠きの目的は、苗の生長を平等にすることです。葉欠きすると、上からの散水の水や光が平等になります。大きな苗も小さな苗も同じ葉の枚数になり、成長が同じスピードになります。その結果、全体的に苗の大きさが揃います。しかし採ったときの苗が大きいものほど、大きな良苗になります。つまり、大苗と小苗の差を少なくするのです。又葉を欠くことにより、新葉の展開が良くなり、根も良く伸びクラウン(株元)が太くなります。クラウンが大きい物ほど、大きな実が収穫できたり、成り疲れが少なくなります。イチゴにとっては、あまり葉を取らずにノンビリ大きくなりたいでしょう。写真1は、葉欠きが終了したC棟です。写真2は、あかねっ娘(ももいちご)。写真3は、愛ベリー。写真4は、紅ほっぺ。写真5は、あかしゃのみつこ。写真6は、アスカルビー。写真7は、レッドパール。
今日は、館長一人で6000株の葉欠きが終了。
この葉欠きを繰り返して、良い苗だけが栄光のグルメいちご館前田のいちご狩りハウスにいけます。イチゴにとっては、厳しいサバイバルとなります。

Follow me!

第一回目の苗の葉欠き” に対して3件のコメントがあります。

  1. asayu より:

    館長さま
    asayuです。ご無沙汰しております!
    はやく、おいしいいイチゴたちに
    お目にかかりたいです!!
    イチゴ大好きなわたしには、待ち遠しいかぎりです☆
    暑い日が続きますが、体調には十分ご留意くださいませ。
    わたしは、結婚式の準備、新居の準備にとりかかって
    いまーす♪

  2. 館長 より:

    ご結婚のご準備にお忙しそうですね。この忙しさは、最高に楽しいでしょう!是非館長にメールで結婚式のお二人の写真を送ってくださいね。楽しみに待っています。イチゴの準備も現在が一番重要です。農業では苗が出来れば半分成功と言われております。館長は、良い苗が出来れば、6割がた成功と思っております。だからどんなに暑くても、館長はじめ皆頑張れます。今年も何処のイチゴ園にも負けないイチゴの苗が出来そうです。出来栄えは、過去最高です。楽しみにお待ちください。新品種も美味しいですよ!

  3. 私のおススメの海外家族旅行はここ!

    私のおススメの海外家族旅行はここ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA