章姫の挿し木の苗採りを開始。15日の紅ほっぺの挿し木苗の育苗ハウスの遮光カーテンを明るくしました。

 山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。今日は、35度と少し午後から暑くなりました。昨年、当館の苗採りは、最高気温37度まで対応できるようにしました。来年は、人間を含め39度の苗採りに耐えられるように改善したい。7月15日に挿し木した紅ほっぺなどの苗の遮光カーテンを1枚取り除き、明るくして光合成しやすいようにしました。しかし、まだ完全に苗の根が出きっていないので、苗が極端に萎れないように注意しながら遮光カーテンを外します。今日から今シーズン最後の苗採りとして、章姫の挿し木を4日間行います。章姫は、茎が葉が光や熱に弱いので、挿し木の苗採りが一番難しいです。今年の苗は、異常気象の影響で、比較的小さ目なので、挿し木作業が早くできて効率的でした。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は35度。最低気温は23度。日の出4時43分の入り19時00分。甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。今シーズンのいちご狩りと通販と直売は、12月上旬から開始予定。写真1.白の遮光カーテン1枚を外した紅ほっぺの挿し木の育苗ハウス。一日中、極端な萎れが出ないか気を使いました。ずいぶん明かるくなりました。写真2.章姫の挿し木作業中。午後は35度と少し熱くなりましたが、章姫の苗も萎れませんでした。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA