看板娘の「あかねっ娘(ももいちご)のポット受けの切り離し。これで来シーズンのいちご狩りは、あかねっ娘(ももいちご)が心配なく食べれます!ポット受けの苗の葉欠き。

19日は、週末と言うことで、館長の体力も衰えてきて疲労困憊のため、ブログを書かずに寝てしまいました。今年は、疲れでブログが書けない日が増えてきました。マッサージに行って、体をほぐして疲れが一挙に出た感じもしました。これからは、老いた分体の手入れをしながら頑張って働きたいです。いちご狩りが終わり、体力を使う仕事が増えてきて、腰回りの筋肉が付いてきたので、腰痛もあまり出なくなってきました。ポット受けの最後の品種は、当館の看板娘のあかねっ娘(ももいちご)です。今年はランナーの出が遅かったので、早めに対策をして沢山の苗が採れてホッとしています。当館のいちご狩りであかねっ娘(ももいちご)が食べられないと言うことは、あってはならないのです。従って、苗採りの失敗は許されません。20日には、7月3日〜11日にポットから苗を切り離しした、アイベリーや紅ほっぺのやかなみひめの葉欠きをしました。15日に挿し木した、紅ほっぺやアスカルビーは、ようやく根が出てきて萎れが少なくなり、葉も平らになり活着したようです。最低夜温が21〜23度と寒いので、苗の萎れからの回復が早いです。 山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は晴れ。 最高気温は36度。最低気温は23度。日の出4時43分の入り19時00分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。  今シーズンのいちご狩りと通販と直売は、12月上旬から開始予定。写真1.ポットから切り離ししたあかねっ娘(ももいちご)。今年はポット受けしたので、こんなに早く大きくて良い苗が確保出来ました。写真2.19日の14時頃の一番暑い時期でも、あまり萎れなくなりました。写真3.20日には、ほぼ萎れもなくなりました。根が出てきて、根から水分を吸収できるようになると、葉が平らになります。写真4.葉欠きが終わったアイベリー。暑さで葉の周りが少し茶色くなっています。写真5、葉欠きが終わった紅ほっぺ。写真6.葉欠きが終わったかなみひめ。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA