山梨県に国際交流で来られている「南港高工」の皆さんがイチゴ狩りに来られました。シンガポールの皆さんがバス5台で来られました。

 山梨 いちご狩りのグルメいちご館前田。山梨県のいちご狩り天気は曇り。 最高気温は22度。最低気温は18度。日の出4時31分の入り18時54分。 甲府の天気予報は、こちら。中央道の道路情報は、こちら。  今シーズンは、5月29日で閉園いたします。沢山のご来館ありがとうございました。ご入館をお断りしたお客様には、大変申し訳ありませんでした。来シーズンの通販と直売は、12月上旬から。来シーズンのいちご狩りは、12月中旬からの予定です。 関東地方は、例年より10日間早く梅雨入りしました。これほど早いと、梅雨明けが早いのか遅いのかが気になりますね。 今日は、海外のお客様で今シーズン最高のお客様の人数になりました。シンガポールからのお客様も今日が最後で、最高の人数になりました。今では、シンガポールの皆さんやガイドの皆さんの一番の人気が、「あかねっ娘(ももいちご)の大きさと、甘さです。 更には、イチゴの甘さと量の多さです。 台湾の台北の公立高校の「南港高工」の皆さんがいちご狩りに来られました。山梨県と台湾の高校生が国際交流しており、その一環で山梨に来られました。FAX1枚で台湾からお申し込みがあり、館長が海外のFAXの仕方を調べて、返事をお出ししました。1週間前に台湾からいちご狩りの確認がFAXであり、初めてご予約が決まっていることが分かりました(笑い)。 写真1.海外のお客様をお迎えする順路1の章姫。小粒でしたが、量と甘さは確保出来ました。 写真2.順路2の紅ほっぺ、さちのか、あかしゃのみつこ、かなみひめ、アスカルビーも通常よりは、少ないですが十分量はあります。 写真3.シンガポールの皆さんのバス。開園以来、同時に5台のバスが来たのは初めてです。まだ3台ぐらいは、バスが止められます(笑い)。 写真4.今やシンガポールの皆さんに大人気の「あかねっ娘(ももいちご)」。この時期でも粒が大きく、驚くほど甘いです。写真5.広いイチゴ狩りハウスの中を自由にいちご狩りを楽しむシンガポールの皆さん。ほとんどの皆さんは、練乳を付けません。 写真6.こちらは整然といちご狩りを楽しむ「南港高工」の皆さん。 写真6.順路2のイチゴを摘み取ってきて、テーブルで練乳を付けてイチゴを食べておられました。台湾の皆さんは練乳が大好きです。 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA